• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2004年6月28日(月)

地球物語(イシカミ=ミナのモノ物語) 

この物語は宇宙(ソラ)の意識体が教えてくれたお話で、想像で書いたのではありません。

昔、昔、大昔そのまたずーっと大昔、宇宙は真っ暗闇でした。
「宇宙の大元」はたった一人でさみしくて、ぐるぐると渦巻きを作って
いました。
するととてもきれいな光ができました。
その光が星さんになりました。
大元はうれしくなって、次々と星さんを作りました。
一番最初の星は「射手座」と言いました。
沢山のお星さんが生まれて、最後に「地球」が生まれました。
その小さい地球を見守ってくれるお星さんがいました。
太陽を始め水星や木星、土星などでした。
太陽は光や暖かさを与えてくれました。
水星はお水をプレゼントしてくれました。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php
土星は土をプレゼントしてくれたので、植物が育ちました。
木星は木をプレゼントしてくれました。
その他いろいろなお魚や、動物、お花なども、ほかの星さんがプレゼントしてくれました。
それでとてもにぎやかな地球になりました。

支配星のグループは、小さな地球を自分たちの思うとおりの星にしようと
思いました。
けれども太陽のグループや射手座の星さん達は、地球を見守って助けて
あげようと思っていました。
地球をめぐって星さん達は空で大きな争いになりました。
その戦いで星さん達は沢山亡くなり、そのなきがらが天の川になりました。
そして支配星達が勝ち、けんかをすることが好きな恐竜ばかり地球に
送り込みました。

宇宙の大元は悲しく思い「ホシノミナ」という分身を作り、ホシノミナに
地球をお掃除させました。
ホシノミナは稲妻をいっぱい地球に送ったので、恐竜は死んでしまいました。
宇宙の大元は、これからは家族や友達を大切にする動物を送るように、ソラの
ものに言いました。
ソラのものはいろいろなモノを地球に送りましたが、自分たちのことを
わかってくれる「人間」を作ろうと思いました。

丁度その頃、射手座の宇宙人のお母さんは、お父さんが戦いの時に行方不明になったので、地球に探しに行こうと思っていました。
お母さんは山の様に大きく柔らかだったので、動きやすい形になった分身のイシジンをお腹に入れて地球に連れて行ってもらうことにしました。

お母さんとイシジンの巨人は無事に地球についたのですが、地球の引力でお母さんは動けませんでした。
おまけに柔らかなお餅のような身体は、ぽたぽたとしずくの様に落ちて
いきました。
お母さんや連れてきたイシジンは【イシカミ】と呼ばれました。

イシカミさんたちは宇宙からエネルギーをもらうために、ピラミットや
尖った山になりました。
イシカミさんたちは自分たちの食べ物も無く、動くのもとても大変だった
けれど、創った人間達の為に一生懸命働いてくれました。
人間達が生きていくのに必要な水を得やすいように、山や川も作って
くれました。
又イシカミさんたちの原子は人間が食べる物に変化していきました。
シリウスは暮らしやすいように知恵も授けてくれました。
そして大きな石で不思議な形になり、「イシカミ達がいましたよ」とサインを残しておきました。
一方、射手座ではお母さんが帰ってこられないことがわかり、射手座の
宇宙人の子供達は次々とイシジンをお腹に入れて地球のあちこちに降りてきました。
そしてお母さんとテレパシーで会話をして、同じように創り出した人間達を助けました。
そして亡くなった後の身体は山や丘になりました。
・・・・

人間達は次第に増えてきて幸せに暮らしていましたが、それを見て
支配星たちは恐竜の代わりに人間同士を争わせ、それを見て楽しむように
なりました。

太平洋にムーノイアという大陸があり、射手座の男の子が降り人間と仲良く
暮らしていました。
そこにも支配星が降りてきて人間同士を争わさせて苦しめたり、大蛇を
送り込んで人間を食べさせたりしました。
それを見てオーストラリアに降りた女の子は、連れてきたイシジンに
「決してあの様に争ってはいけません」と教えました。
又射手座のモノたちが人間になったということを人間が気ずくように、
お腹に子供を入れて育てるカンガルーをソラのものに作ってもらいました。
ニュージーランドに降りた女の子は人間が支配星にいじめられているのを見て、イシジンは連れてきませんでした。
そして創り出した動物を大蛇が食べようとしていることを知りました。
それで「ここには鳥しか創っていないので来ても飛んでいきますよ」と
大蛇に言いました。
それでニュージーランドには鳥の形をした動物しかいなかったのです。
又ソラから来た事がわかるように、洞窟で星の様な光を出す土ホタルを
作りました。

ムーノイアの男の子はあまりに支配星がひどいことをするために、怒ってイシカミの原子たちに手を離して分解するように言いました。
南アメリカのイシカミさんたちは、ムーノイアから悪いものが渡ってこない
ように一生懸命高い山を作りました。
けれども悪いものは高い山、アンデス山脈をも越えてやってきました。
それを見ていた北アメリカのイシカミさんは、今度は深い谷、グランドキャニオンを掘りましたが、それでも悪いものは人間を支配するために谷を飛び越えて人間を支配しました。
又、北海道の石狩川などが蛇行しているのは、イシカミさんたちの事を知らせておこうとストーンサークルなどを作っていましたが、それを壊そうとする者たちから守るために、わざと蛇行させた川を作りました。
この様にしても支配星は人間を支配し苦しめるため、世界中のイシカミさん
たちは大泣きをしました。
その涙が大雨となり「ノアの洪水」と呼ばれ、世界中が大洪水になりました。

その大洪水でユダヤ人の親子が日本に流れ着きました。
日本ではイシカミさんの子孫の大国主が、日本でヤマタイコクという国を
作っていました。
その奥さんはヒミコと言い、娘達も産まれ平和に暮らしていました。
けれども支配星に支配された人にヤマタイコクは滅ぼされてしまいました。
ヤマタイコクから逃げてきたその娘と流れ着いたユダヤ人は、一緒になり
平和に暮らしていました。
ユダヤ人は地元の人と助け合いながら平和に暮らしていましたが、支配された人によって無実の罪で殺されました。

この様に支配星達は世界中の人間をロボットのように扱い、人間同士争わせてあちこちで争いばかり起こさせていました。
けれども今、その本当の支配星たちのイシキは、全ての生みの親である宇宙の大元に帰って合体したのでいなくなりましたが、支配星の教えを信じる人のために争いが絶えません。
その事をソラのものはミステリーサークルで教えてくれています。
大地にえががれた不思議な模様は、ソラのものが描いて知らせてくれている
のです。
それに気づかないでこれまでの言い伝えばかり信じているので争いが絶えないのです。
ソラのものやイシカミさん達によって人間が生きていくために山や川が作られ、食べ物が作られたことを思い出してほしいのです。

人間は皆、宇宙の大元が親なので、地球人は皆兄弟姉妹なのです。
地球を応援してくれているソラのものは、昼も夜も空から見ているそうです。
支配星のイシキがいなくなったので早く地球が平和になるように、とソラのもの達がこの物語を教えてくれました。

おしまい

この物語のアラビア語訳を読者の方がしてくださいました。
http://sora.ishikami.jp/stories/earth_arabic.pdf

【2007年7月30日追記】

アトランティス大陸ではイシジンたちは高度な文明を築き、想像しうる限りのことを実現できたので退屈になり、原子に戻ろうと思ったので一瞬のうちに分解し、アトランティス大陸は消えたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・