ソラ画像

2019年2月5日(火)

三田市 有馬富士公園2 

 

ここの公園はとても広く、ここまで足を延ばしたことなかったのですが、沢山の岩がいろいろな形の階段状で配置されていました。


2019年2月5日(火)

三田市 有馬富士公園 福島大池の流紋岩

 

この池の傍で白い?大きなヘビを見たということで、近くにありながら行った事なかったので、穏やかなお天気で出かけました。
道を挟んで右側に小さな祠があるこの岩を撮った時、太陽の逆光もあったのですが、虹色の光が何枚も映って映っていないのはこれだけでした。
岩の溝が人工的に感じられました。
30分後の雲が
https://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=201902052...
で、その後3本の薄い縦雲になっていました。
その後、二組のカモの番いや幼鳥がこちらに向かって泳いできました。


2019年2月5日(火)

ビジョン

 

一瞬だけ見えたビジョンで、以下の意味もチャネリングなので、真偽のほどはわかりませんが、何かと当てはまるような報告がありました。
グレイが人間に入り込んでいるという情報は、死亡を確認されても生き返ったという人や、意識を失っていてその後、性格が激変したという人たちが関係しているそうです。

1)左側の大きな手が何かをつかんで向こうへ去っていくマンガですが、家がとても小さく、手が巨大でした。
意味は
「いて座のモノが、人間を掴んで支配していたという宇宙人、グレイを放り出したということです」
2)マンガの牛と思われる動物のお腹に、土星の輪のようなモノが光って回っている。
意味は
「おうし座と土星が一緒になって、グレイを放り出す手伝いをしたということです」
3)薄いモスグリーンがこの形で、極薄いブルーを掴んで左上に持って行く
意味は
「良い仕事をする木星が、割と良い仕事ではあるけど、地球上で支配していたモノを遠くへ連れて行ったということです」


2019年2月2日(土)

羽束川

 

夜中に目が覚めて見えたビジョンは、ごく簡単な、けれどもはっきりと川とわかるその一部がブルーになっているものでした。
そして羽束川に行って、そこの石で実家の横穴の横の畑にストーサークルを作ってほしいということでした。
久しぶりに羽束川に行きましたが、今年の冬は雨がとても少なく、川底の岩の露出が延々と続いていて、面白い形ができていました。
明らかに柔らかいイシカミを、巨人のイシジンが溝を掘ったようなのや足跡のような形があり、水が少ないゆえに聞こえる川の音もとても心なごみ、暖かな日差しの中いろいろ想像をして楽しんできました。


2019年1月30日(水)

白木家の芋穴の上のお墓

 

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。