ソラ画像

2018年2月5日(月)

ハナの窟の兄弟?

 

後ろの山に並んでいました。
凹んでいるのは、ミナノコの集団が並んだ長いモノが、柔らかい親のイシカミの食べて、違うものになったとも。
それを雲であらわした?のか、変わった雲が出ていました。
https://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=201802042...


2018年2月5日(月)

ハナの窟 綱掛け

 

かっては動いていたイシカミが固まったので、その子孫である人間たちが動かそうとした?
近くの海の傍で泊まった時、潮の満ち干は月が関係している、月のイシカミに戻れと呼びかけていると言葉になっていました。
現在も2月2日に綱掛けの行事が残っているようです。


2018年2月5日(月)

熊野市 ハナの窟の分身の子供?

 

この地方の沿岸には、丸石が多いようです。
ハナの窟神社は日本書記によれば、ここは天照の母親のイザナミは火の神、カグツチを生んだ後、火傷で亡くなりこの地で葬られたと書かれているそうです。


2018年2月5日(月)

ハナ(花、鼻)の窟の分身

 

ハナの窟の前に向かい合ってありますが、さらにそれから生まれたたくさんの植物が生えています。
伝説ではイザナミから生まれた火の子供と。


2018年2月5日(月)

ハナ(花、鼻)の窟屋

 

とても大きな岩で、下までおさまりきれません。