ソラ画像

2007年8月1日(水)

【2012年7月10日追記】ネースのスタンディングストーン

 

【2012年7月10日追記】
何度か左頬骨にサインあり。
「地下のイシカミでした。
地下にいるのが嫌だったのです。
それで皆で手をつないで(お百度石やスタンディングストーンになって)外に出てきました」

競馬場のそばのホップの畑の中にぽつんと立っている大きな石柱は、ヨーロッパでロクマリアケールの石柱についで大きいそうですが、見捨てられています?
(標識も何もない)

ストーンサークルを作るのに指導的な立場になりたい原子ばかりが一箇所に集まり、ひとつだけ大きな石柱になった。
その他の輪になって知らせる原子が少ししか集まらなかったので、サークルは小さな石になり、人間に他所にやられてストーンサークルをしたという証拠が残らなく見捨てられた。

競馬場を呼び寄せて競争を楽しむだけで、人間のためには余り働かなかったイシジン?


2007年8月1日(水)

クリヴィキールの分身のお城

 

海の方へ行ってほしいとチャネリングで知らせてきましたが、遠くて時間の関係でいけませんでした。
小さいのがお城です。

http://naokoguide.blog33.fc2.com/blog-date-200702.html
さんの③
マラグモア(Mullaghmore)半島の、「妖精の石」があるという伝説の城クラッシーバウン


2007年8月1日(水)

アイルランド、クリヴィキール遺跡

 

向こうは入り口で、石の門にたどり着くまでなかなかで、それから先にもまだ広場があるのは、イシカミまでたどり着くのはなかなかと言うことでもあります。


2007年8月1日(水)

アイルランド、クリヴィキール遺跡を守っているお花

 

「白いこん棒でこの遺跡を守っています」
とここでしか見たことないお花が咲いていました。


2007年8月1日(水)

アイルランド、クリヴィキール遺跡全景

 

わかりにくいけど、銅鐸型で、銅鐸の意味を知らせたと。
ちなみにこの後、スコットランド博物館で銅鐸型の石器?鉄器の遺物を見る。
取っ手がついて銅鐸ではないと思えますが、形は銅鐸に似ている。

とても沢山の石の集まりで回りも石垣がぐるりと囲んでいる。