ソラ画像

2007年8月2日(木)

キャロウモアの遺跡、ストーンサークル

 

ストーンサークルの石は一抱えは出来ない大きな石です。


2007年8月1日(水)

キャロウモアの遺跡とおっぱい山(クノックナレア山)

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B4
奥の山はクノックナリで上に女王メイブの墓=石積みの丘(=乳首にあたる)がある。
この遺跡はヨーロッパで2番目に大きく、あちこちに大き目の石でドルメンや、ストーンサークルが散在していて、一部は牧場の中に組み込まれている。


2007年8月1日(水)

タラの丘の教会のそばその2

 

古びた石箱、この中で人間が創られたと。
生き物のようでもある。


2007年8月1日(水)

タラの丘の教会のそば

 

ケルトの丸十字架の墓石(イシジンだが)が並んでいるお墓で人々は寝たり、グループで食事をしたりしていました。


2007年8月1日(水)

タラの丘

 

風と共に去りぬで、ヒロインが最後に「タラに帰ろう」という有名な言葉のタラはアイルランド人の心のふるさとだそうです。

舟提墓のように凸凹している草原で、気持ちの良い風と沢山のぽこぽこしたイシカミ雲が出ていました。
中心に中くらいのスタンディングストーンが立っています。
ソラから見ると緑の雪だるまのように丸いものが並んでいます。
Tara
http://www.mythicalireland.com/ancientsites/tara/