ソラ画像

2019年10月26日(土)

山梨県笛吹市 物部神社 横

 

物部神社の横はこのような巨石がゴロゴロと散乱していて、一部はサークル状になったのもあります。
これらの巨石は現在落石となっている部位より、だいぶ左側ですが、大昔にくぼんだ部分が崩れてきたと思われます。
大きな巨石は、真っ二つに割れているようです。

下段の画像はお寺の敷石の跡で、イシカミを信じる物部氏を仏教が封印したことで、落石という形で反撃したと思えました。
そしてこの枯れ木のように見える巨木2本は、いて座とプレアの仲間となった木星との戦いとも思えましたが、その後それはあるモノを見て確信できました。


2019年10月26日(土)

山梨県笛吹市 物部神社

 

笛吹市に入ると目について気になった大蔵経寺山の名前も、完全な仏教に支配されていて、それが嫌で見に来てほしいと言葉になったようです。
石和と書いてイサワと呼ばれるのも嫌だとも。

大蔵経寺山の崩れの木目模様で、近くに行ってその目的がわかりました。
道路の上ならよく見る風景ですが、その下には道路はないのに、しっかりと土留めがしてあるからです。
その麓に物部神社があり、その下は仏教関係のお墓で、封印されているようでした。
ここからの雲です。
https://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=201910252...


2019年10月19日(土)

わし座の大魔女

 

豪華な縁飾りのある額縁に、バックが真っ黒で、巨大な髪の毛で吊り上がった目だけの顔のビジョン
https://earthreview.net/hundreds-of-birds-slam-into-a-build...
「2019年10月29日」
突然なぜこのようなビジョンが見えたのか不思議でしたが、後日縄文時代の土偶をたくさん見ることを知らせていたようです。
髪の毛が多いのは、名のない星たちの集合体が、一致団結して送り込んだようでした。


2019年10月19日(土)

シリウスのミナノコ

 

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

 


2019年10月18日(金)

白い石の十字架

 

”白くて丸い石が一面にあり、次にその丸い石が十字架の形に並ぶ。次にその石が砕けて白い
砕石の破片がある”
その後、金色の網目
意味は聞くも次の言葉だけでした。
「河原に行くことになります。
プレアの言葉です。
プレアの宗教を信じる人たちです」

白くて丸い石というのは、良いイシカミのミナノコたちだったが、支配星の宗教などに支配され、
その仕事をしていることで、河原に行くというのは山から砕けて流されることを、地球を支えているアトたちが訴えているようです。

久しぶりに金色の網目が見え、プレアに支配されていることがわかりました。