ソラ画像

2019年6月24日(月)

綾部市西原町 申酉古墳の石室

 

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

 


2019年6月24日(月)

綾部市西原町 申酉古墳の石室

 

道路側の反対側からの岩の表情です。
サルとりという名前を付けられて怒っているようにも見えますが、
サル(ジンム)をトる、という意味かもしれないと思いました。


2019年6月24日(月)

綾部市西原町 正光神社の社務所

 

イシカミのミナノコたちが集合していることを知らせているような、かわいい建物です。
小さな花が咲いて迎えてくれました。


2019年6月24日(月)

ソラからの情報の証拠の保存

 

平凡な農家の出の私にソラから知らせてくれたことは、本当に思いもよらないことばかりですが、実家についてでも全く同じです。
想像を絶することが伝えられてきましたが、それらが覆されるところか、次々と知らせてくれることは、全てつながっていくようです。
先祖が横穴から生まれたということでしたが、そこは「横井戸」と言っていました。
その一つが完全に寺の支配下の人に石垣で隠されてしまいましたので、看板を立ててほしいということでしたので、作ってくださったのですが、どうしても立てに行く気がしませんでした。
21日真夜中目が覚めて
「(イシカミの)ミナノコがさらわれたことを知らせてほしいのです。
峰にいたミナノコが雨で流されたということです。
そこへ見に行ってほしいのです」
と右親指にはっきりとサインあり。
「カンナビのある山です。
近くの山にいます。
(綾部の) 山家の山です」
どこのイシカミかなかなかわからなかったけど、いろいろ名前を出して、綾部の立石が浮かんで、ようやく綾部の山家の西原へ嫁いだ父の姉の叔母の関係のようでした。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20190624221...

一晩ほとんど眠れないままに22日に綾部に行って、皆さんのお陰で無事立て札を建てて頂きました。
三田市の羽束川の石を持って行ってほしいと以前言葉になっていて、小さなストーンサークルも作ってもらいました。
父の名前の白木国四郎とは、”国を知ろう”という意味と。
1月6日に来てほしいと言葉になり、明治初期の1月6日28歳で亡くなった先祖の白木文造の名前にしてもらいました。
明治生まれの父は、国からの理不尽な扱いを知っていて、黙って去って行った無念が感じられます。

【2020年7月2日追記】
この立て札は継ぎん行った時には、抜き去られ、実家の墓地跡で休んでいると、村人の一部の人が来て、「不法侵入だ」など暴言を吐きにやってきました。


2019年6月20日(木)

兄とイランのゴドさん

 

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。