ソラ画像

2018年7月22日(日)

長野 鼻顔(ハナズラ)稲荷神社

 

沢山の赤い鳥居がある割と険しい坂道は、とても涼しい風が吹いてくれて、気持ちよく登れましたが、次の日は猛烈な酷暑でした。
稲荷でたくさんの白いキツネの小さな像が並んでいましたが、四角い油げ=キツネ=シリウスで、これはキツネ火のようでした。
そして昨日から見ているクロップサークルの模様の一部がそっくりです。
http://www.cropcircleconnector.com/2018/Kuban/Kuban2018a.ht...


2018年7月22日(日)

長野 鼻顔(ハナズラ)稲荷神社

 

川のすぐそばにあり、小さな清水寺のようです。
入口に“相生の木”といってケヤキと赤松の巨木が一緒に生えていたようで、根本には本当に小さなハート=シリウスの形だけの葉の草が生えていました。


2018年7月22日(日)

あぶらげの岩?

 

名のない巨岩ですが四角い岩で、思わぬことに”トンビに油げさらわれた”の油けの岩と。
どこでもですが、イシカミが作品を作っても、その後プレアなどにより、その支配下におかれることのようで、トンビなので、大鷲座にいて座の仕事を取り上げられたということでした。
この付近には、沢山の野生のヤマユリがつぼみでした。
大きなユリで、真っ白のササ百合の様なのかと思っていたので、トラ柄に似ているのでつぼみで良かったです。


2018年7月20日(金)

回廊の町

 

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

 


2018年7月17日(火)

閉じ込められたアトたち

 

部屋の奥から窓の外の影を見ているビジョンで、最初は何かわからなかったのですが、最後の方で、サルや猫の形がはっきりしてくる。
意味は
「部屋の奥に不要になった品々の原子たちが、外を見ているということで、ネコ=プレア、サル=シリウスBCなどが閉じ込めていることを知らせました」