ソラ画像

2018年6月12日(火)

イタリア オスティカ・アンティカのモザイク

 

紹介しているかもしれませんが、、。


2018年6月12日(火)

イタリア オスティカ・アンティカのモザイク

 

大きな屋敷の各部屋の床がこのようなモザイクがあり、本当に驚きました。
初期のイシジンたちで原子の結合が緩いために、浮き上がるので固定するためにこのような尻尾を創ったようです。
アフリカの真ん中の岩絵にも、この人間の形をしたのと同じ形があり、泳ぐ人と説明されていますが、同じ理由と思います。


2018年6月12日(火)

タニシ=イシカミ

 

タニシはメダカの水槽のガラス面をきれいにしてくれているので、一緒に入れていますが、今日は珍しく3匹並んでいました。
そして思ってもいない言葉が出てきました。
《ビジョン》
”薄いブルーの中にひし形があり、その後白い小さな稲妻が3,4本縦向きに降りる”
「雨になって降りているモノです」と言葉になるのでお礼を言っておきました。
「喜んでいます。仕事をすることができたからです。ゼ・ウスです」と。
(1昨日雷が鳴っていて、夜中は時々大雨のようでした)
ゼ・ウスがシリウスの元首で、アトランティスの建物の指導をした?ようです。
その後、昨日タニシを拡大鏡で見ていましたが、それが浮かんできて、
「(イシカミたちに)口から水を吸い込み、排泄したモノを,石柱としたのです」
と言葉になりました。

以前にもコロッセオの中に、白馬の臀部だけの石像があり、なぜかと思っていたら同じことを言ってきていました。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20100301213...
https://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20090510005320


2018年6月10日(日)

崖のイメージ

 

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

 


2018年6月10日(日)

【追記】ハトホル?

 

白い太陽に向かって黒い鳥、黒鳥が飛んでいる。その下には細い白線が扇型に広がっているビジョン。
大鷲座の仲間の黒鳥は、これまで支配していたが、太陽の親の元に帰ろうとしていることと知らせました。
太陽はラー神で、その分身が黒鳥であったようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC
でラーは、ハヤブサの頭をもつ姿で描かれることが多い。
と書かれていますが、白鳥の黒い黒鳥と。

追記
黒鳥で女性と思い浮かんだ像がハトホルでした。
この像の名前を忘れていたのです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%88%E3%83%9B%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%88%E3%83%9B%E...
ただ、イカロスが太陽に向かって飛んで行って蝋が溶けてしまいますので警告でもあるようです。