• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2016年10月23日(日)

バナナ=ニ・ビルでない=二棟

済州島の植物園で見たバナナの房の先の赤くて四角いのは、バナナはシリウスが送り込んだことを知らせています。
以下のことを会員の掲示板に書いていました。
・・・・・
アトたちも頑張ってビジョンや夢で知らせてくれるようです。
http://labaq.com/archives/51875529.html
を見た夜16日の《ビジョン》です。
“ズボンをはいてスニーカーの靴だけで↑のよう、次に上半身もあらわれ全体の子供が、大きなバナナの房を脇に抱えて、相手はわからないが一本ずつ配っているマンガ?”
意味は
「バナナは二棟(ニ・ビル)の片方で、一棟だけのビルに相手を与えて
”2棟=ツインビル”にしている。
すなわちジーンズをはいた子供は大きな山になったイシカミで、水で流れたイシカミのミナノコのアトたちをツインにさせて、二棟(ニ・ビル)として、物質化=形を形成する仕事をしていることを知らせました」

ヒルというと、とても嫌がられるのに、ニビルと呼ばせていたので、地球を宇宙の端に連れて行こうとしていたけれど、二棟と二つのビル(建物)のように呼ぶようになったので、地球を端に落とすのを止めにした、と言葉になっています。
ビルをバナナとしてビジョンで知らせてくれたようです。

地球上には、あらゆることで、2=対の形であらわして、大切なことと知らせていますが、2が出てきた頃から、染色体の形が対になっているのが気になっていました。
2棟の建物でバランスを取っているのと同じく、遺伝子も2本で安定し、沢山の情報をその中に貯め込めることができるようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90

2016年10月23日(日)

済州島 サングムブリ噴火口 パンフレットの画像

サングムブリ噴火口 のパンフレットの画像では、全体がよく見えますが、最近次々とできている、シンクホールととても良く似た形状をしています。
降灰も溶岩の噴出もない火山口というより、巨大ではありますが、沢山の草木が茂っているのもシンクホールと思えます。
*)シベリアのシンクホール
http://siberiantimes.com/science/casestudy/news/n0127-dozen...

2016年10月23日(日)

済州島 サングムブリ噴火口 の横の墳墓

2016年10月23日(日)

済州島 サングムブリ噴火口 の横の墳墓

古墳のようですが、日本と同じく支配者のお墓とされています。

2016年10月23日(日)

済州島 サングムブリ噴火口

世界的にも珍しい、溶岩や火山灰を伴わない火口と言われていますが、巨大シンクホール?
外周2,067m、内周756m、深さ132mで画面には修まらない大きさで、いろいろな植物が育っています。
ソラからの情報では、地下のいて座の皇后と。
緩い坂道の横は、白いススキで一面で、両側の岩は一面に苔むして古いことを知らせているようです。