ソラ画像

2011年1月3日(月)

西安の茂稜の石作品2

 

なにやらわからない形なのは、プレの王だったので、原子たちがチャンと連絡をしなかったので、このような形にしかなれなかったと。
茂稜は武帝のお墓で、プレの王でしたが、シリウに教えられて↓のような姿になり、石版の大切さを教えました。
すなわち頭の上の長方形は石版で、すだれ?は文字をあらわします。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%B8%9D_(%E6%BC%A2)


2011年1月3日(月)

西安の茂稜の石作品1

 

馬、国宝


2011年1月3日(月)

西安の茂稜の石作品1

 

とても大きな石のいろいろな動物の形になりかけ?。
プレの王なので?連絡をしっかりしてもらえなかったせいか、稚拙な作品ですが全て国宝です。
大きな石の塊がごろごろあります。


2011年1月3日(月)

西安の茂稜2

 

ナイル川と同じく川の向こう側に古墳が多いです(白っぽくて四角)。


2011年1月3日(月)

西安の茂稜(もりょう)

 

茂稜と呼ばれる小山。
畑の中から金メッキの馬が出てきたということで、麓の地下が現在彫られています。
小さなイシジンやままごとのようなカマドの埴輪のほか、水道の土管も出ています。
プレの王が降りてきたとチャネリングでは伝えられていますが、同じくプレの王が降りてきたという星原の君山と、小さい小山というので似ています。