ソラ画像

2009年10月17日(土)

【2017年12月31日追記】オオクニヌシの刀(クサナギノツルギ)

 

ハートと山をあらわす形で、シリウといて座をあらわしています。
【2017年12月31日追記】
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20091017094...
物部氏の最後の地の神社の紋に同じ模様があります。


2009年10月17日(土)

【追記2017年12月30日】オオクニヌシの刀(クサナギノツルギ)

 

熱田神宮宝物殿にあり。
長さ2m22cm、重さ4,5kg
人間と比べるとその大きさがよくわかります。
これが本物のクサナギノツルギと早くから知らされていますが、最近ではこの正体?も伝えられていて、それは刀の刃の上は赤くなっていることとつながります。

【追記2017年12月30日】
ソラからの情報によると、オオクニヌシはアトランティスから鉄の鎌を持ってきて、四国のヤマタイコクで稲作を教えたと伝えられています。
その刀をジンムはタケルノミコトに持ってこさせて、ヤマトへ行き、その鎌を聖徳太子は刀にして、倭の国の物部氏を滅ぼしたと伝えてきています。


2009年10月10日(土)

仲良しドキちゃん

 

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

 


2009年10月7日(水)

由布岳

 

わかりにくいですが、木の裏に並んだ双子のような山の意味。
深い切れ込みのある山でしたが、離れてみるとこのような双子のような山なのは、かって噴火する前は1万メートルくらいの阿蘇山と9重山が並んであったことを知らせているそうです。


2009年10月7日(水)

オメガの島

 

臼杵湾の島で、島の周りに平らな岩が広がって丸でΩのようですが、ちょうどオメガの星関係の情報が伝えられています。
奥尻島のなべつり岩と同じ形と知らせてくださいましたが、なべつり岩はオメガそのものの形でした。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200305182057...