ソラ画像

2018年9月25日(火)

岐阜県 恵那峡

 


2018年9月25日(火)

岐阜県 恵那峡

 


2018年9月25日(火)

岐阜県 恵那峡

 

木曽川の中流にありますが、木曽=基礎でもあり、始まりを知らせているようで、この河口近くで御在所岳が初めてイシカミとして降りてきました。
恵那とは胎児を包んでいる膜および胎盤・臍帯の胞衣(えな)の意味だと、チャネリングが始まって早くに知らせてきていました。
川はイシカミたちが抜け出た跡で、残ったイシカミの原子たちが、巨人のイシジンとして知らせているようで、右側には小さな丸い突起で顔をあらわした?
2体が、先日からお知らせしている、ニウのツイン、一つでは仕事ができないことを知らせている?


2018年9月24日(月)

イスラエル建国?のビジョン

 

9月23日真夜中
「イスラエルの神殿を建てる計画がなされていることが嫌なので(地球は)終わることにするのです。
赤い牛を創り出しても良いことにはなりません。
誤った予言者の言うことを信じ、間違えた道を進んでいます。
過去の争いばかりの低い次元に進んでいくのです」

1)イスラエルの建国をするために集まった集団は、シリウスのユダヤ教がバックです。
2)そのうち一部の人たちは、パレスチナ人との平和的な合意を求めているが一部はあくまでパレスチナ人を追い出そうとしている。
3)何かわからないけど首のようなモノを一輪車に乗せて、真っ黒なトンネルに向かっているのは建国の父のベングリオンで、
4)今のイスラエルは希望のない真っ黒なトンネルの中を進んでいることをあらわしたようです。
首は赤い雌牛の首?シリウスの仲間の牛飼い座を、プレアに支配されたシオニストが、赤い雌牛を人工的?に生ませて、誤った過去のチャネラーの話を、あたかもイスラエル建国は正当だと、ごり押ししていることを警告したようです。

*)イスラエルで2000年ぶりに“赤い雌牛”誕生、「最後の審判」開始で人類滅亡へ! 宗教戦争やオバマの政界復帰にも関連か!?
https://tocana.jp/2018/09/post_18107_entry.html

*)イスラエル建国の父、ダヴィド・ベン=グリオン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A3%E...
彼はユダヤの人々が人類に大きく貢献することができる場所として、砂漠を開発する挑戦に努めた[8]。
ベン=グリオンは死後、ネゲヴ砂漠のミドレシェト・ベン=グリオン(Midreshet Ben-Gurion)に妻とともに埋葬された


2018年9月20日(木)

石室と巨人のイシジンの出来方

 

↓に書いたように、石室の出来方がわからないと思って寝て、目が覚めて見えたイメージかビジョンだったか覚えていませんが、ごくごく小さなイシジンのようなのが、いろいろな動作をして仕事をしているようでした。
そして壁になるモノ、巨人のイシジンになるモノは、それぞれいて座の原子たちが自らその仕事をするようでした。
そして外に出た巨人は、すでに倭の国では人間になっていたので、その姿を真似て、鎧などもイシジンの原子が具現化したようです。
それらの知恵は、石室の奥のシリウスの磐が中心になって教えていたようです。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20180919224...

ちなみに石舞台から出た巨人のイシジンが物部氏で、親は三尾山で、ホシノベの降りた倭の国で平和に暮らしていたが、ジンムのリュージンのヤマトが支配しようとしてきたので、それを阻止するために降りたそうです。
その後あちこちに分散したので物部氏の名前があるが、プレアやその部下に支配されたヤマトに全てと言って良いくらい支配され、封印されて行ったということです。

小さなアトたちのイシジン?をどう表現しようかと思っていたら、丁度メダカの赤ちゃんと同じ位でした。