ソラ画像

2017年7月27日(木)

若狭湾 蘇と門巡り

 

シリウスのミナノコたちが創ったと、四角い岩が多かったです。
洞も長方形が多かったですが、雲で知らせていました。
https://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=201707241...
前日は本当に変わった雲が多かったですが、イシキの世界ではすでにこれを見ることを知っていて雲で知らせたようです。


2017年7月27日(木)

 

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

 


2017年7月27日(木)

【7月29追記】福井県小浜市神宮寺 極小の花と,ぼかした爪

 

これも見てほしいと言葉になったモノで、言われないと気付かないくらい極小の花で、ミナノコが知らせてきました。
オーストラリアの荒野の極小の花より小さいと思いました。
ここの境内はコケがとても多いですが、一方、巨木の枯れたのも何本かあり、巨木もあり、
両極端と思いました。
【7月29追記】
《ビジョン》は
“極細かい縦線?格子柄?がいろいろな小島のような形になり、ついで↓のぼかした爪のような形の宇宙船?最後は一面の星空”
意味は
「あらゆる小島がソラにあがりたいと思っているのです」
*)ぼかした爪
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20170727025...
なぜか続いて浮かんだ画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/magazine/17/072100012/072...


2017年7月27日(木)

福井県小浜市神宮寺 小さな入母屋

 

本殿の横にあり、井戸と向かい合っています。
ここを見てほしいと言葉になりましたが、小さな入母屋で、全てが小さくて、ミナノコ関係のとても小柄な人が住んでいたようです。


2017年7月26日(水)

福井県小浜市神宮寺 閼伽井戸(あかいど)

 

奈良二月堂のお水取り行法の水は若狭井(東大寺)の水が 使われており、この水は神宮寺の閼伽井戸(あかいど)の水を3月2日に遠敷川(おにゅうかわ)の鵜之瀬へ流すこと(水送り)で 3月12日に到達するといわれている。(神宮寺 leaflet より)・・・

福井県の水がなぜ、奈良に到達するか?
今の地形では、到底想像できませんが、ソラから知らされている情報では、つながるのです。
すなわち、京都府、福井県、兵庫県に渡る広範囲な場所こそ”倭の国”で、日本海は平原で、
由良川なども瀬戸内海に流れていた。
ヤマトが倭の国を攻め滅ぼしたために、それ以上ヤマトに侵略させまいと、遅れてイシカミたちが一斉に降りてきたために盆地の山国になり、日本海も創られ、掘りあげたモノが、海のすぐそばの山になったということです。
ソラからの情報のノアが、ヤマトに追い出されて放浪の旅に出て、寄り道をしたところがこの神宮寺の湧き水を飲んだことで、当時はノアが鉄を教えて尊敬されていたので、この場所を守ってきたけど、支配され違う形で残されているようです。

巨石の前も池でその隣が湧水の池でつながっているようで、手前にごく小さな流れになっていて、四万十川の遺跡(北宇和群鬼北町岩谷遺跡 )と似ていると思いました。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20130815214...