ソラ画像

2017年1月30日(月)

兵庫県立考古博物館 飾りのついた土器

 

台湾、地中海でも似たのを見ました。 7世紀


2017年1月30日(月)

兵庫県立考古博物館 雲部車塚古墳 内部

 

先回生き石などの遺跡巡りをした時に、「次回の学びはここに来てください」と言葉になっていました。
下から読んでくださるとわかりやすいです。


2017年1月30日(月)

兵庫県立考古博物館 雲部車塚古墳 内部

 

石箱の中は開けられていないそうです。


2017年1月30日(月)

兵庫県立考古博物館 雲部車塚古墳 内部

 


2017年1月30日(月)

兵庫県立考古博物館 雲部車塚古墳 内部

 

先回見た時は、気づかなかった?鎧もあり、刀もとても立派なモノでした。
イシカミの原子が変化したというので、出雲の銅剣と同じと思い込んでいました。
出雲より遅くに降りてきたイシカミで、いろいろな知恵を授けられたからのようです。
明治時代に、明治政府が古墳を天皇家のお墓としてあがめさせるために、篠山市の古墳でさえ、宮内庁管轄にしたようです。
明治時代にこの古墳に人が入って出てきた時は、真っ赤になって出てきたそうですが、塚も生きている(=血が流れている)ことを知らせたそうです。
石箱はイシジンが創られたと一貫して伝えてきます。
そのイシジンが何人も創られたので、複数の鎧があるようです。