ソラ画像

2013年7月20日(土)

オークニー島、Bishop's and Earl's Palaces(伯爵と司教邸跡)

 

このように窓とは思えなく、玄関に見える入口があるのは羽のあるイシジンの出入り口と、建物の外側にところどころ飛び出した石があるのは、羽のあるイシジンが座って休むためと思われます。


2013年7月20日(土)

オークニー島、Bishop's and Earl's Palaces(伯爵と司教邸跡)

 

半円の突起部は何を意味しているかなかなか分かりませんでした。
この中で休むことで、さらに原子の結合が強くなったのですが、人間の出入りはとても困難です。
ここでも羽のあるイシジンが創られたというのは、カラスのたくさんの羽が教えてくれました。


2013年7月20日(土)

オークニー島、Bishop's and Earl's Palaces(伯爵と司教邸跡)

 

高い塔は全て煙突で、2階の部分からの煙突も同じで、長いのや短いのがあります。
暖炉として燃やしていたという痕跡はどこにもない=黒くなっていない。


2013年7月20日(土)

オークニー島、Bishop's and Earl's Palaces(伯爵と司教邸跡)

 

隣の教会は立派で手入れがされていますが、忘れられた建物です。
庭にはそれはたくさんのカラスの羽が落ちていましたが、そのことも一つの答えでした。
高い塔は四角い煙突で、ソラから羽のあるイシジンになりたいという目的を持って降りてきた原子たちが、煙突を通り抜ける間に結合をして、さらに袋のような突出部に入ることで、より原子の結合をしっかりしたようです。
サンタクロースのお土産の原点になるようです。


2013年7月20日(土)

オークニー島、セントマグナス大聖堂 双頭のリュー?

 

何か意味が分からなかったけど後から知らせてきたことです。
あまりに人間がイシカミに気付かないので、双頭のリューとしてあらわれたのがモーゼとモース(マウサ)で、人間を指導し、その後支配したそうです。
そのことを伝えるために創られた?ことを知らせていたようです。