• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2013年9月28日(土)

イラン、ペルセポリスの小さなイシジン用の椅子

ペルセポリスは、世界中のイシジンが、自分たちが考えた食べ物などを持って集まるイシジンたちのための集会場のようなものと知らされています。
現実際に石像も、いろいろな姿のイシジンが食べ物などを持って集まっている像が残されています。
ペルセポリスの遺跡を初めて見た時、特にこれは全く意味が分からなかったけれど、この遺跡が色々な体系のイシジンが座る椅子と知らせてきた時はとても納得しました。
実際見てみて小さなイシジンがたくさん残されていることでも一致します。
遠くに支配星に支配されたイシカミが、王の墓と言わせるものになっています。

2013年9月28日(土)

色々なイシジン

頭が半円はイシカミ系、四角はシリウス系のようで、持っている物は何かまだわかりません。
この他、尖った帽子のような頭など、アフリカ系も含めて色々な民族が集まってきたようです。
長い棒もミナノコのようですが、まだここではへびつかい座の悪さはしていないようです。

2013年9月28日(土)

【2014年10月22日追記】傘をさす

ここで何か所もこのような傘をさしかけた像がありますが、これを中国のイシジンたちが真似たようです。
【2014年10月22日追記】
誰でも中国を思い浮かべるでしょうが、ソラからの情報ではこれは日本のイシジンだと。
日本からイランへカナートなど地下空洞やソラを飛んで往来していたそうで、道中の中国や朝鮮に文化を教えたそうですが、大陸から来たものが日本を完全に支配し、それまでの日本の文明を一切なくして、自分たちが教えたように古事記などを書いたそうです。
傘をさしているのは、将来に日本はたくさんの雨が降ることを知らせていたそうです。

2013年9月28日(土)

ユニコーンのお尻をかむライオン【2015年1月20日追加訂正】

【2015年1月20日追加訂正】
読者から噛まれている動物はユニコーンと知らせてくれました。
良く見ると本当に角が一本あります。
最初の説明でも、動物は何かわかりませんでしたが、とても納得できました。
イランではこの像があちこちにありましたが、全くユニ婚ということに気づきませんでした。
今回カンボジヤへ行くフライト中に、いて座の次にユニコーンが降りてきて

「ユニコーンはシリウスの知恵を人間に伝えていたが、プレにやられた」

と言葉になって、《ビジョン》で

”木の枠で姿の見えない動物らしきものが閉じ込めらえている”

を見ましたが、気づかなかったのはそのせいのようです。
ライオンはプレをあらわしますので、知らせてきた通りでした。
http://ten.tokyo-shoseki.co.jp/downloadfr1/htm/ctgd6463.htm
さん
・・・・・・・・・・・・・・・・

「牛のお尻を噛んでいるライオン=おうし座をやっつけているプレ」と思っていたのですが、どうもはっきりと言葉になりません。
これまでのその他の説明は削除しました。

2013年9月28日(土)

アフダーマズダー

あちこちにありますが、アトランティスの王のヨハンシュンセンが送り込んだということです。大鷲座のもので頭の帽子は四角くて、シリウスも知恵を与えているようです。
後年中国の像で頭に四角いすだれを垂らしたのは、これを真似たようです。