• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2011年6月1日(水)

夕張石炭博物館の露頭石炭

博物館は入場料が少し高い(1200円)ですが、その値打ちは十分あり、内容はとても充実していました。
日本の経済を支えてくださった先人の大変なご苦労に感謝すると共に、地上の美しさばかりでなく、地下の資源になってくれているイシカミの原子たちに目を向けないければと思いました。
かわいいデージーが咲いて迎えてくれました。

2011年5月26日(木)

赤い藻

近くの田にあらわれました。
形は以前見た穀物模様とにているようで、イシジンの分身のようでもあります。
赤い藻は食用になるようで、水鳥たちが食べ、水は藻が生えた後は返ってきれいになっていました。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200810051153...

2011年5月25日(水)

ヘリウムのでき方

間違い。ニュートロンでなく【ニュートリノ】です。

水(H20)のでき方も知らせてくれました。
スモールeは片方が逆さまになって合体すると”Θ=0”になます。
”ト”と反対の”ト”が合体して”H”になり、それが二つと”0”とでH20=水になりました。
ちなみに”H”が二つなのは、地球を冷やすのに、一人では心細かったので二人手をつないで、地球に降りてきて冷やしたそうです。

2011年5月18日(水)

エジプトの回る踊り

イシカミが宇宙から降りてくる時、回りながら降りてきたことをこのような回る踊りで知らせています。
トルコのコンヤの踊りも有名です。
読者から玄海島の頂上でデジカメで撮ったら渦を巻いていたという画像が送られてきましたが、↑のことを知らせたそうです。

2011年5月18日(水)

弁慶の刀かけ

積丹半島にはいろいろな意味のある岩がありますが、これは弁慶の刀かけです。
イシジンだった弁慶は義経と別れて日本海からリュージンが来ないように見張るためにここで岩になったそうです。