• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2008年10月6日(月)

国賀海岸

左側、小さなアーチで目を現している?
その右が大きく口を開けてイシカミが訴えています。
血管をあらわす、筋状があり、意識があることを知らせています。

2008年10月6日(月)

隠岐、国賀海岸

三角山をあらわすイシカミの分身と弟?が会話をしているようです。

2008年10月6日(月)

国賀海岸

巨大な足をあらわしアーチーズの巨石とにています。

2008年10月6日(月)

イカよせ浜

初期のころのソラからの情報で、ヤマトに囚われたユラヒメ(ヒミコの娘のイトのこと)はイカになって自由に海を泳ぎたいと言ってきました。
ユラヒメ神社の前の浜はイカよせ浜といって、以前はとてもたくさんのイカが浜に打ち寄せられたそうです。
イトはヤマトから逃れて父親のオオクニヌシがいるという隠岐に来たと伝えられましたが、本当にユラヒメ神社があってびっくりしました。
イトがなぜユラヒメといわれるかというと、夫のユダヤ人のムウラが由良の浜の砂鉄で製鉄を教えるために星原から丹後の由良に移り住んだと伝えられた。(”ソラからの真実の歴史”参照)

2008年10月6日(月)

隠岐の由良姫神社

ソラからの情報で知らされたことは、ことごとく封印されていて、古代書とは合いませんが、このユラヒメのことだけは一致しました。
そして800箇所の神社は全て支配星にのっとられ、祭神は支配星と関係あるものになっていきましたが、この神社だけはヒミコとオオクニヌシの娘のユラヒメが祭られていますが、なぜここに祭られているというのと一致します。
ヤマトに囚われていたが、無事脱出してオオクニヌシのいる隠岐に逃れて再会したと。
(オオクニヌシはイシジンで長生きしていたが、ユラヒメ=イトは人間だったので生まれ変わっていたが、記憶は残っていた?)
けれどもその後支配星により、リュージンでしっかり囲まれてしまっていますし、そばの池にはリュージンがいましたので切り刻みました。
本殿はたくさんのピアノ線のようなもので、倒れないように引っ張ってあります。
詳しくは弊社の【ソラからの真実の歴史】参照。