• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2008年7月21日(月)

ドオモのステンドグラス

建物のあちこちの窓はこのようなステンドクラスになっています。
当時のイシジンの生活をシリウが、このような模様になるように教えてなったそうです。

2008年7月21日(月)

ドオモの外壁

このようにイシジンだけでなく、この他に化け物のようなものが沢山、それこそ勝手に建物になったイシジンに引っ付いたというのが沢山あります。

2008年7月21日(月)

ミラノのドオモの大理石

色の違った大理石を丸やカーブを描いて切断し、全く隙間のないようにどうして創れたでしょうか?
そして研磨機もないのに、つるつるです。
現代の高度な技術の機械でも製作は不可能でないでしょうか?
広いホール全体がこのような床になっていますが、この教会だけではありません。
勿論、床だけでなく、それは言葉で言い表せないほどの巨大な石柱の模様もそうです。

大昔、ノミだけしか使わなかったと思いますが、
【ノミの跡がひとつでもありますか?】
とソラのモノは言います。

人間業ではできないと思わせるために、このような模様にしたそうです。

【2011年11月12日追記】
これらの模様もイメージを刷ることで、じゅうたんと同じような模様になり、”カナトコ”で叩いて平にした出来上がったことを、繰り返しあらわれた”カナトコ雲”で知らされました。

2008年7月20日(日)

アトランティスの王

頭の他、両足首、手、肘、フクラハギなど物質(石像)として残っています。
この巨大さですが、実際はもっと水分を含んで泡?のような塊だったので
巨人伝説も現実にあったことと思えます。

2008年7月20日(日)

アトランティスの王

ヨハンシュンセンの頭部。
これを見に来てほしいと以前言われていました。
ヨハン=夜半、シュンセン=出航する。
すなわちヨハンシュンセンは夜中にアトランティスから、地中海の保養所?へ出かけたという意味だそうです。
アトランティスについては、98年に詳しく知らされ本【星からのメッセージ」に詳しく書いています。
2010年2月23日追記
耳の前に四角い穴が開いているのが、その近くにカタツムリ官があり宇宙の大元の化身という証拠。
耳の前の肝班などがあるのはアトランティスの過去世を知らせている。
肝臓=アトランティスをあらわす。