• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2007年8月6日(月)

銅鐸(長野県博物館)

長野県博物館にて。
銅鐸もイシジンの変形だと、アイルランドの遺跡で知らされていましたが、続いて出かけた先でこのような立派な銅鐸に出会って驚きました。

頭の部分が空洞なのは脳をあらわすからと。
目らしきものもあります。
これらは生きている時?はもっと原子が離れていて膨張していたので大きかったようですが、人間にいろいろと生きていくための知恵を授けていたそうです。

スコットランド博物館で見た銅鐸の形をした遺物↓に取っ手があったのも、この銅鐸を見ればその意味がわかりました。

2007年8月6日(月)

銅鐸の形の遺物(スコットランド博物館)

スコットランド博物館に来る前に、銅鐸型の遺跡を見て、銅鐸の意味を知らされていました。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200708012030...
そしてここで銅鐸に似た異物を見て驚きましたが、取っ手がついているのが意味がわからなくて気になっていました。

2007年8月6日(月)

皆神山の三つの沼

最後の地下空洞の入り口が松代にあるというので出かけました。
皆神山の頂上に3つの沼が並んでいて、↓の3つのサークル=爬虫類のことを知らせているのと関係があるというので驚きました。
丸い二つの沼が並んで、ひとつはこの上にあり細長く、ここにリュージンが降りていて隠れて悪さをしていたそうです。

この沼は底なし沼とも言われていて、地下空洞へリュージンを送り出していて、それを嫌がったイシカミが松代群発地震で知らせていたと伝えてきました。
実際リュージンに支配されていたワニ三郎や他のチャネラーも訪れていて、ワニ三郎やリュージン信仰を隠している大本教の出口直日の石碑があります。
クロサンショウウオが棲んでいるそうで、黒=悪いイシカミ(=リュージンを長い間住まわせていた)をあらわしているようです。

2007年8月3日(金)

縦の目になぜなるか?のサークル(アイルランド)

思いもよらないことを伝えてきました。

縦の目=爬虫類の目と同じで、人間も爬虫類の星から来ている人ではたまに?縦の目になるそうです。
ちなみにエジンバラを見た後に来たことも意味があるようです。

二つのストーンサークルと、周提(凸凹)のサークルです。
http://www.megalithics.com/ireland/beagmore/beagmain.htm
さんより
G、Fの形がそれをあらわしています。

嫌なものを見てもそれを、普通の人のように放出できないので、目の入り口を閉じるので目が縦になる。
猫かやは虫類のヘビなども縦になります。
自らの姿を見たくないとも言います。

放出する線がなく、代わりに凸凹の現実を見る=隠すことができない。

別の意味もあり、
サークルでは人間が創られましたが、へこんだサークルは、イシカミが地球に降りてきて、先に降りたイシカミが柔らかかっためにへこんだということもあらわしているそうです。

2007年8月3日(金)

1本の線があるサークル

http://www.megalithics.com/ireland/beagmore/beagmain.htm
さんより
CとDは一本だけ線があります。
これは見えない世界のものを見ることができる人の目をあらわしているそうです。