• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2007年7月28日(土)

アイルランドのベーグモアー、沢山のストーンサークル Beagmore, Ireland A lot of stone circles

小さな土塁
大小さまざまなストーンサークルが、小さなお花をいっぱい咲かせて待ってくれていました。
時間が止まったようで、何時までもここにいたい、人間の創られた原点と思えました。
大きな石は指導的なイシジンで、それぞれの石には表情がよくわかるのもあります。
小石の小山は、イシカミがこのように原子の塊で降りてきて、そのうちの動きたい原子が親から出てきて、いろいろな形になってサークルを作り、その中で原子に号令をかけ、人間を発生させたと伝えているそうです。

周堤墓のような凹みは、イシカミが降りてきた時、重くて凹んだものもあることを知らせているそうです。

遠くて見えませんが、長い直線の石の配列は、イシカミが遠いいて座からやってきたことをあらわしているそうです。

Big and small, various stone circles welcomed us with a lot of small flowers.
I felt as like the time stopped and wanted to stay here forever.
I thought Beagmore is the original place to create human beings.
Big stones are maybe leaders of ISHIJINS and some of stones show their expressions clearly.
A small mound of small stones expresses as follows:
ISHIKAMI fell down as a group of atoms like the mound.
Atoms who wanted to move came from their parent ISHIKAMI and became various forms.
They created stone circles and directed atoms to appear human beings.

A hollow like an earth circle exspresses that some ISHIKAMIS were very heavy and dented when they fell down.

This picture does't shows long line stones.
They express that ISHIKAMI came from far Sagittarius.

2007年7月27日(金)

二組の双子その2 Two pairs of twins No.2

二組とも双子の親御さんが目の前でリンゴを食べられました。
今日のお知らせ参照。
Both parents of two pairs of twins ate apples before me.
For further details please refer to the following link.
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070727145957

2007年7月27日(金)

二組の双子その1 Two pairs of twins No.1

飛行機で前の席に座っていた双子の幼児。
手前の子はアトピーが口の周りにあります。
今日のお知らせ参照。

Twins were before my seat on the plane.
A child looking back got an allergic rash around his mouth.
For further details please refer to the following link.
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070727145957

2007年7月25日(水)

ナウス遺跡(な臼=シリウスが教えた?) Knowth site (NA-USU = Siriu(s) taught this ISHIKAMI?), Ireland

大小のこのようなおわんを伏せたような遺跡があり、それぞれに小さな石組みがあります。
そして小さなお花で囲まれているのは女の子のイシカミのようでした。
みんなで手をつないで降りてきたと夢うつつで言っていました。

There are small or big old remains as like bowls upside down.
Each old remain has small stone walls.
And a remain around small flowers looked like a girl ISHIKAMI.
She said that they fell down hand in hand from the sky.

2007年7月24日(火)

エジンバラ城入り口 An entrance of Edinburgh Castle

ライオンが立ち上がったような紋章であるが、元はリューが立ち上がったような形であった。
門を中心に左右のアンバランスな建物は、ここエジンバラでは他でも見られましたが、この門でもよくわかります。
門番が全く違う服装で、屋根の突起が3つと4つ、これらもイシカミの原子が変化してお城を形造った)

それはイシジンの形も違うように、ここのイシカミの原子たちは意見が違って争いをするようになっていたようです。

The emblem looks like a standing lion. An oridinal design was similar to a standing Ryu (dragon).
The castle has asymmetrical shapes and the gate expresses asymeetrical shapes clearly.
I saw asymmetrical buildings in other places, Edinburgh.
Two gate-keepers (ISHIJINS) wear different clothes. There are three and four projections on the roof.
Atoms of ISHIKAMI changed and formed as a castle.

As like different clothes of gate-keepers, atoms of ISHIKAMI here had different opinions and began to fight each other.