• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2005年4月30日(土)

ケルトの白馬 Celtic white horse

ストーンヘンジに向かう途中にありました。
星の戦争があり射手座の王が、星が並べられていた事をあらわすカルナックの列石を作るように指示を出した後、この白馬に乗ってオーストラリアのイシカミに、星の戦争後、星たちがバラバラになったことをあらわすピナクルス(石の乱立)を作るように指示を出しに出かけたことをあらわしています。
ロクマリアケールのような巨大な石の筆で描かれた地上絵の一つです。

2005年4月30日(土)

ドルメン(フランス)

大きな列石のそばにあったドルメンで、カルナック列石を作るように教えた巨人という事を知らせたそうです。
列石は宇宙の最初は星たちはきれいに並べられていたことを知らせています。
けれども並べられるのが嫌になった星たちが戦争を起して天の川が出来、その後の星空の事をオーストラリアのピナクルスであらわしています。
(周りがブッシュの砂漠上に石が乱立している)

2005年4月30日(土)

カルナック列石Karnak stone(フランス)

3kmに渡って石が並んでいたそうですが、途中で途切れていたのは、列石を作った巨人達が複数いたからだそうです。

大きな列石(ケルマリオ)は2番目でそこには、ドルメン(テーブル状の石のトンネル)がありましたが、それはこの列石を作ったのが教官の巨人で校門あらわしているそうです。

大きな列石のそばにあったドルメンはカルナック列石を作るように教えた巨人という事を知らせたそうです。
列石は宇宙の最初は星たちはきれいに並べられていたことを知らせています。
けれども並べられるのが嫌になった星たちが戦争を起して天の川が出来、その後の星空の事をオーストラリアのピナクルスであらわしています。
(周りがブッシュの砂漠上に石が乱立している)

2005年4月30日(土)

ストーンヘンジStonehengeとそのロゼッタストーン

おなじみのストーンヘンジは想像以上の大きさでした。
ロゼッタストーンはエジプトのイシカミの記録の石。
手前の石は同じくストーンヘンジの記録がされている石(ロゼッタストーン)のつもりで作ったそうです。
(ストーン返事と変換されましたが、ストーンと落ちた落とし物の返事の記録と言う意味だそうです)
それなのに一番嫌な解釈がされていることに、怒りと悲しみを訴えてきました。
http://allabout.co.jp/travel/worldheritage/closeup/CU200702...
さんより
【ストーンヘンジの石と形】
門のような形をしている3つ石がトリリトン。もともと5組あったが、現存しているのは3組のみ。
これに対して科学はどのような答えを出しているのか?

まず、石。ストーンヘンジは、主にサーセン・ストーンと呼ばれる砂岩と、ブルー・ストーンと呼ばれる玄武岩から構成されている。最大で50tにもなるサーセン・ストーンは、ストーンヘンジから30kmほど離れた場所にあるマルバラーの丘から、一方ひとつ約4tながら82個はあったと見られるブルー・ストーンにいたっては、なんと250kmも離れたウェールズのプレセリの丘から運ばれたと考えられている。

そして形。ストーンヘンジは、まず円形に囲われた土手の中に、30もの巨大なサーセン・ストーンが直径30mほどのサークル状に立てられている。この列石柱の上には横石が乗り、いまは崩れてしまったが、かつては円形につなげられていた。石はただ乗せられているだけではなく、立石と横石は凸凹を組み合わせて接合されており(ほぞさし式)、横石同士は溝でつなぎあわされている(さねはぎ式)。この円形の内側にブルー・ストーンが同心円状に並べられ、さらに内側には5組の門のような組石(トリリトン)が馬蹄型に並んでいた。この内側にも同じように馬蹄型にブルー・ストーンが配されている。

2005年4月29日(金)

ソラのもののロボットその1

天候に恵まれ、イシカミ雲やソラのものがいろいろな形で知らせてくれました。
これはソラのもののロボットたちだそうで、ほとんど同時に東西南と3本出ていました。
これは下向きで、後は上向き、真中で凸凹していました。