• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2004年05月23日(日)

フゴッペ洞窟の岩絵。2005年5月23日追記。

この洞窟はイシカミの体のシリッパ岬を切り取って、内陸の方へ持ってきたそうでその一部は砂です。
中は真っ暗で床すれすれの所にも線刻画は描かれています。

この洞窟はまず、海に突き出た岬の一部分を巨人が運んできて、平らな窪みを作り、そこにビジョンで見せた姿を人間に見せて線刻画を描かせたそうです。
そして描き終わるとその絵を保護するために、イシカミの体の一部の土で蓋をしたのですが、その一部がこぼれて下に落ちたので、地面が高くなり人間が立って描いたのが、地面すれすれの位置になったようです。

あまりに地面のすぐ上に描かれているので、寝て描いたのかと思っていましたが謎が解けました。
又、なぜ内陸に入っているのにそこだけ砂岩が一部にあるのか、シリッパ岬が切り取ったようになっているのも、洞窟の前に大きな石(砂岩)がゴロゴロ並べてあるのは、凹みを作るために掴み取った一部と思われます。

先回羽のようなのはアンテナと知らされましたが、干し魚、動物を捕ったら干し肉をして保存するように教えたそうです。

2004年05月18日(火)

ウルルの穴

水場の上に開いている穴。
スリーシスターズをあらわすそうです。
一番上の穴が二つ引っ付いているのは、ムーノイアが一人だったので可哀想にと南極のイシカミに引っ付けたそうです。

2004年05月12日(水)

ソラのもの雲

ソラのものが作りました。
星の宮が宇宙の大元に戻り地球の状態が分かったので
そのことを知らせています。何本もの線の雲は地球が
現在何次元にもなっているということをあらわしました。
(さわやかな気候の中平和な暮らしをしている人、
その反対に悲惨な戦争のさなかの人)

2004年05月04日(火)

斜めになっているグレーの帯?

沈没船の近くのイシカミから、雲に届いていると思われる、グレーの帯。
(真中あたりから左上方へ)
以前のグレーの十字架とよく似ていて、時間がたつと、グレーの帯が濃くなるかもしれません。

2004年05月04日(火)

白い砂=イシカミと沈没船

2人乗りでオーストラリアのウエーブロックへのフライト中、パイロットが難破船を知らせてくれました。
白い石の星が地球を支配し様としたので、イシカミは白い砂(生きる気のない原子)になり、支配する事を止めさせたそうです。

近くに沈没船が見えますが、このあたりは地上から上空に向かって、グレーががった空気に覆われているようでした。

これは海辺ですが、もっと内陸部にも何箇所かこのような白い塊がありました。
イシカミの精液だそうで、この精子が先頭に立ってイシカミは増殖をするそうです。