• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

 

                        

                          

                         

                          

                         

 


般若心経の意味

、「ブッセツ・マカ・ハンニャ・シンギョウ」の意味を伝えてきました

「ブツセツの《ツ》とは、肉体は3つの点(3位一体)で形成されるという思いから離れる=罪を犯すという意味があって、共にツを強調している。
マカ=マ=魔がカ=力を持つ

ハン=判を押すのハン。
ニャ=猫の鳴き声=猫はプレアデナイ(支配星)の送り込んだ動物=ニは肉体と顕在意識だけで成り立ていると教え、3位一体を認めない。
小さいヤ=小さな槍を含んでいて、争いを好む。

ハラミタ=ハラ=腹を見た=お腹の中を見た=本当の姿を見た。

シンギョウ=《シ》の各点は、肉体と魂 (=生きようとする力) 意識が、ばらばらになって死をあらわす。
《ン》 は生きようとする力の魂 (の点) がなくなる=死
《ギ》 は記録のキの2乗で強い、小さなヨ=喜び、ウ=歌う」

カタカナの意味の参照。
http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20010614220031

般若心経の意味は、

“このハンニャシンギョウを読むものは、支配星が支配したということの判を押したという本当の姿を見た。死んだ後も記録されて、死後の世界も支配星が支配できるのでうれしい”
と支配星が教えた意味だそうです。

(実際98年まで、死後の世界はプレアデナイが地獄を作り、管理していたと何度も知らされているし、仏陀や僧侶などが地獄のビジョンで見せられているのがその証拠と思われます)