• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

 

                        

                          

                         

                          

                         

 


ヒヤソ踊り

綾部市高倉町高倉神社に現在も残されている踊り。「ヤソ、ヤソ」とかけ声をかけながら、「ササラ」と呼ばれる12本の竹を首にかけながら男の子が踊る。「ヒヤソ」とは、ヒ=ヒミコの娘、ヤ=矢じりを作る人、ソ=外から来た人=ノアの息子が外人という意味で、この二人がキミに住んでいて、ノアの息子が殺されたことをあらわした。初期にはヒミコとヤソ(ノアの息子)を偲んで踊っていたが、その後ヤマトの支配者により封印され、イシカミを守って亡くなった人の祟りを恐れて神社を作った。