• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2014年6月6日(金)

ベルリン、ブランデンブルグ門 1947年

激しかった空襲にも耐えて残っていたようです。

2014年6月6日(金)

ベルガモン(ベルリン)博物館

房?のようなモノがイスの脚にあります。
ミナノコの原子たちが集合しているようです。
これは「座っているイシジンから出てくるお汁に、酸化した原子が入って溜まっているのです?」
手の持っている花?やジャンケンをしているようなのが気になります。

2014年6月6日(金)

ベルガモン(ベルリン)博物館

こちらは文字?がたくさん書いてあります。

2014年6月6日(金)

ベルガモン(ベルリン)博物館

ほとんど同じ模様だけど、肝心の房?の部分を壊したのが、へびつかい座のようです。

2014年6月6日(金)

ベルガモン(ベルリン)博物館 《鳥イシジン》

↓のアップです。
まだはっきりとはわかっていませんが、、。
鳥イシジンがお花に受粉をしているようですが、花のようなモノはすでに形となっているモノのDNA。
手に持っている房?のようなモノの中には、ある原子が酸化した状態で入っていた。
それらを受粉?させることで新しいモノを創りだしていたのは、大鷲座のイシジン。
手に持っている小さなカバンは、生きようと思う魂?

夜中のビジョン
”白衣?を着た極小さな人間、次に和ハサミ、次に大きな棒?を食べている?極小さな3,4人のマンガ”
意味は
「真実の仕事をしたモノが、醜いモノの舌をハサミで切ったのです。
金の延べ棒に群がる人達がいることを知らせました」

鳥イシジンが?STAP細胞のねつ造事件を皮肉っているようでした。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140605-OYT1T50089.html?f...