• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2014年4月8日(火)

耳成山

ヤマト三山の一つの耳成山は、麓に寄っただけでした。
麓の池には早くも何羽ものツバメが飛び交っていましたが、話をしていると
すぐ真上や真ん前に急旋回をして、誇示しているようでした。
アイルランドなどでは、鳥イシジンがたくさん出てきましたが、同じ仲間だったんだよと知らせているようでもありました。

2014年4月8日(火)

三輪山

遠くから見た時、ちょうど桜?が咲いているせいか、それが小さな釣り目でとても怒っている顔に見えて仕方がありませんでした。
今もへびを崇めて卵を与えているそうですし、大三輪神社、大神神社が麓で封印してることも、ひどく嫌だそうです。
綱越(つなこし)神社は3柱鳥居で三角ですが、桧原神社は三つ鳥居、つまり鳥居が3つ繋がっている状態で、三角ではありません。
三輪山(みわさん)をご神体とし、本殿がない大神(おおかみ)神社の摂社です。

2014年4月8日(火)

 天の香久山

登る道中は、かっては段々畑だったようで、頂上は思っていた以上に尾根が長く平らで、いろいろな神社で封印されていました。

2014年4月8日(火)

天の香久山

伊予国風土記に「天から降ってきた山」という伝承が残っているそうですが、ソラからの情報でも同じです。
バナナのように分かれたイシカミが、世界各地、特にアイルランドやフランス、日本各地に別れて降りたので、似たような石室があるということです。
そのイシカミの岩場リーダーが、アイルランドのニューグレンジで、完璧で巨大な石室を創り、それを真似て日本でも小さな石室を各地で造った(=イシカミの原子たちがkっ都合して形になった)ということです。
そしてそれぞれ石室内でイシジンが創られ、巨石遺跡の遺物や、イシジン、その記憶を持った人間がストーンサークル内で造られたのが、弥生人ということです。

2014年4月8日(火)

ピストルの弾の形のどんぐり

このように細長いピストルの弾のようなドングリは、全く同じものを地中海の島で見ました。
それはアトランティス文明を起こした戦いの好きなイシカミということでしたが、このイシカミも弥生人という戦いの好きなやんちゃなイシカミなのは、元は同じバナナの形のイシカミから降りてきたからということです。
↓の藤原宮跡が、アトランティスの文明のギリシャなどの建物とよくにているのも同じ理由です。
ちなみにアトランティスの文明を起こしたのは、ニューグレンジで造られた巨人のイシジンが南下して創ったということです。