• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2013年6月27日(木)

メキシコ トウルム遺跡

ガイドさんの説明より。
カリブ海の断崖の上にある遺跡です。
グレーの線が城壁の跡です。

2013年6月27日(木)

メキシコ トウルム遺跡の後ろ姿

正面はやはり階段があり、恭しくお参りするように?なっていますが、このように後ろ姿はかわいい男の子のイシカミの作品です。
カリブ海の断崖の上にあり、その目は海を見ていますが、私はその下で白い砂とカリブ海の海水が激しくいり混じり合うのが気になり見ていました。
それはお汁やお乳の材料になると思えたからです。

2013年6月27日(木)

ウシュマル遺跡=ウシロ・マル遺跡6

正面の階段を上がった所で、顔をあらわし口を開けていますが、あがめてほしいミナノコが支配星に言われるままに形になったようです。
小さな丸は、地中海の島々で見られた、ミナノコの原子の集団で、物質は原子の結合で創られている=神とは原子であることを知らせています。

2013年6月27日(木)

ウシュマル遺跡=ウシロ・マル遺跡5

本殿を塀で囲むように石積みの建物があり、ところどころ門があります。その内部です。

2013年6月27日(木)

ウシュマル遺跡=ウシロ・マル遺跡4

入口にあったサークルの巨大な石器です。
中央に四角い箱型がありますが、帰国後これに似た《ビジョン》を見ました。

”真っ白な木?でできた正方形の箱型にドアがついていて、ちょっと開けるだけで通り過ぎるが、気になって戻ってドアを開けてみる”

その後寝ましたが《イメージか夢》で
”土の上に緑色の細くて長方形の植物?がサークル状に生えている?
それらが色々な形に変化していく”

というもので、意味は
「円盤状の上で、綿菓子のようにイシカミの原子が集まって物質化をしていくが、シリウスと木星がそれに対していろいろとどのようなものになるか指導をしている」
ということでした。