• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2012年5月10日(木)

RomaのPalestorinaの遺物

ブロンズの手鏡のようなものは何かわからないのですが、銅鐸=イシジンたちの教科書のようでもあります。
丸い石器はミナノコやミナノモノが連なって長いものになった穀物模様を思い浮かべます。
http://sora.ishikami.jp/cropcircle/index.php?id=187
かってはオニと言って悪さをするものとして、厳しく糾弾されてきました。

2012年5月10日(木)

Palestorinaの小さなブロンズ像

小さなミナノコのブロンズ像はこのような缶の中で創られたようです。
ここの博物館ではこのような二人の男の子の像と缶が、この他にも3個ほどありますが、他では見られません。
ここはいろいろな臓器のパーツや、ナイル川の氾濫のモザイクがある博物館です。

2012年5月10日(木)

ソラにあがったミナノコタチ?

↓に書いたように、ミナノコタチの仕事は終わったのでゆっくりおソラでお休みくださいと心で念じた次の日、歩いていると突然ちょっと離れた所から、赤くて大きな風船がソラに上がっていきました。
ミナノコたちのイシキ!があがっていったと思いましたし「そうです」と言葉になります〈笑)。

2012年5月10日(木)

ミナノコのイシジン

日本もヨーロッパも巨人から小人までのイシジン(木製、ブロンズ、石)が沢山残されていますが、このように小さなのはミナノコたちが集まったイシジン?だそうで「生きていたのです」と言葉になります。
これまで大きなイシジンのおもちゃかと思っていたのですが、大きなイシジンの召使いの働きをしていたそうで、そのミナノコタチが、お知らせ役が終えたのでソラにあがりたいと言葉になっていました。
それでおソラに上がってゆっくりしてくださいと、心で語りかけて来ました。
物質としては勿論残りますが、イシキはソラにあがったようです。↑

2012年5月7日(月)

ハドリアヌス帝の別荘とケシの花

今回は、これまででどこより一番赤いケシの花が沢山咲いていました。
そしてこの庭園には鮮やかな緑色のトカゲが4,5匹いましたが、そのことで思わぬことを伝えてきました。
その前後にイメージやビジョンで、ポットに入ったトマトジュースや、キャベツ人形?のようなものを見ていますが、トマトとキャベツはイシカミが人間のために与えたものということです。
それに反してヘビ使い座は、赤=ケシ=麻薬、緑=タバコの葉=タバコで人間を支配してきたということを知らせてきました。