• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2012年5月7日(月)

パレストリーナの内臓などの土器

イシジンはそれぞれパーツで組み合わされていることを知らせているようですが、乳房や、歯、耳、内臓らしきもの、この他左端に大きな舌がありました。
それぞれ肉体を維持していくために、ミナノコタチは一生懸命働いていることを、各自で知らせているようでした。
このような仕事をしてくれたので、後から降りてきた支配星は嫌がらせで、↓の嫌な動物のモザイクを創らせたようです。

2012年5月7日(月)

パレストリーナの内臓の像

今回の旅行はミナノコたちが名のない建物や像として大きな仕事をしてくれていることに感謝をして、おソラでゆっくり休んでくださいというのが目的でした。
それだけにミナノコタチが連なって長い小腸になっていることを、このような像で見られたことに驚きました。

2012年5月7日(月)

ローマ郊外の山城パレストリーナ

ここだけで見られる形で、今のところ何をあらわしているかわかりません。
独特の臭いのする部屋でした。

2012年5月7日(月)

ナイルの氾濫のモザイク

ローマ郊外の山城パレストリーナにありました。
壁一面にきれいな色で残されていますが、ダイジャやワニ、小さな恐竜など、支配星が送り込んだ動物などが沢山描かれて?います。
ノアの洪水をあらわしたようです。
この他、この博物館には馬の尻尾が尾になったモザイクなどもありました。

2012年5月6日(日)

サンタンジェロ城3

チョイ悪の子供のイシジンたちが戦争ごっこをしたようで、石の玉が沢山積んでありました。