• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2011年8月24日(水)

新潟 栃尾地域公民館前の川

顔のような石、すなわち二つの目があるような石があちこちにありました。

2011年8月24日(水)

新潟の川の石、

川の石がとてもユニークで、似た形で同じ方向を向いているのはミナシゴたちのイシカミのようです。
最近も大水害になったそうで、地震と水害のダブルパンチの被害を受けられたそうです。
この川の土手は少し写っているような、丸石が土手を覆っています。
この公民館にも火焔型土器がありましたが、写真の特別展が開かれていて物陰に隠れていました。

栃倉遺跡で一番見たいと思った「住居の床面や柱穴に、意図的に埋め込まれたような状態で出土した土偶が3体でたということですが、わかりませんでした。

2011年8月24日(水)

新潟 の陥没穴

あちこちで陥没穴が空いているようでした。

2011年8月24日(水)

長岡 藤橋周辺の遺物・遺稿

2011年8月24日(水)

目のある石棒

イシカミの分身が、石も意識=思いをもっているということを、後年にあらわれる人間に知らせるために、最初に目をあらわしたと、アイルランドで知らされました。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200707292100...
それをとてもよくあらわしています。
石棒は全て男性のシンボルと解釈されていますが、男性の性器があらわれたのがとても遅いのは、ヨーロッパの石像を見ればわかります。