• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2010年11月1日(月)

正倉院 櫃(ひつ)

平成22年正倉院展 奈良国立博物館出版の本より
(本来なら著作権で公開できないのですが、右耳の前にきついサインが続き
ソラの抗議がありますので公開させていただきます)

チャネリングではこれが”契約の箱“と言葉になります。
スギ材製、縦53,7cm 横89,5cm 総高43,5cm
10月31日に正倉院展に行ったのですが、30日の読者の夢です。
「何処かイスラム系の国の民家の居間?にいる。・・中略・・・
砂漠の中にある?施設のような所で、ソラの講習会が行われる様子。
いつものように長机と椅子が置いてあり、白い布が被せてある机も混じっている。・・・中略・・私は白い布のある前の席に移動する。
その机の下の中央には、縦1m?x横50〜60cm?x高さ30cm位の
大きな長方形の箱状のものが置いてあり、それには水色の袋が被せてある。
はっきり解らないけれど、A?とQ?のようなアルファベットが書かれている?
私は中央にあった箱を少し持ち上げて横にずらすが、その時その箱は
金物で出来ている?と感じいてる」

という夢で先に見てもらったようですが、なぜ金属を感じたかというと、櫃になった原子たちは、金属と同じくらい強い結合をしているということを知らせたそうです。

同じ展示物に酔瑚人の面がありましたが、鼻が高くユダヤ人を思わせますが、チャネリングではペルシャ人(イラン人)もユダヤ人も同じ先祖だからということを知らせているということでした。

以前から正倉院の宝物は倭の国から盗まれたと伝えられていますが、これも
そのひとつのようです。

2010年11月1日(月)

正倉院 琵琶

平成22年正倉院展 奈良国立博物館出版の本より
(本来なら著作権で公開できないのですが、右耳の前=カタツムリ管?にきついサインが続きソラの抗議がありますので公開させていただきます)

5弦の琵琶は中国からと何かの本に書かれていましたが、ラクダとユリの花や小花の柄は明らかにペルシャなど西のほうから来たものと思われます。
天の岩舟に乗ってきたとチャネリングでは伝えてきます。
(益田の岩舟)
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=201002111637...
ここでもイラン(ペルシャ)から来たと伝えられています。

2010年10月24日(日)

三田市貴志御霊神社の夜泣き石

【2015年10月7日追加訂正】
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=201510061413...
にこの岩の元になったイシカミがいます。
このようにイシカミが自然の形で訴えたけれど、自然石は意識がないと思われるので、埴輪として形を整えるようにしたことで、イシカミの意思を無視されていることの不満があったようです。
埴輪にされて与えられた仕事をするために、そのマニュアルが頭にのせられていると。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=201509152114...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この岩の手前に新しい神社の建物があり、この裏は国指定重要文化財の本殿があるが、敷石で埋め尽くされ本殿には入れない。
黒っぽいような砂岩?のような変った岩で、茶色のコケはイシカミだということをあらわそうとしている。
地下のイシカミがこの神社の近くの池を通って現れたようで、地下のイシカミがプレに支配されて七福神になったことを知らせてきた?
三田市には天道という、布袋?大黒を祭る宗教が小山野麓にあるのも、イシカミたちが仲間だったからと。
地上のイシカミばかり崇められるので、支配星の言うままに、崇められる神としてあらわれた?
右端は訴える口と目をあらわす。

2010年10月24日(日)

三田市貴志御霊神社の蛙股

蚕股というのは、半円でイシカミの形のようです。
正面と側面に6つあり、この中に戎大黒、11面観音、唐獅子、3宝珠などいろいろな模様が浮き彫りされているのは、イシカミからいろいろなものが生まれたことをあらわしています。
本殿には近づくことができなくちょっとわかりにくいですが、屋根のすぐ下にあります。
本殿の前の新しい建物には、この位置にリューが彫られていて、明らかにイシカミを封印したと思えます。
この神社へは23日に行ったのですが、雲でこのことをあらわしています。
名古屋の読者の方の画像です。
http://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=2010102321...
又、次の日、玄関に珍しくヒキガエルがいたとも報告がありました。

2010年10月24日(日)

三田市貴志御霊神社

蚕股というのは、半円でイシカミの形のようです。
田舎でありながら長い参道が2箇所あり、やはりイシジンをあらわす灯篭がたくさん並んでいます。