• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2010年4月20日(火)

【2012年10月11日追記】等々力(とどろき)渓谷

【2012年10月11日追加訂正】
等々力(とどろき)とは稲妻で、人間がストーンサークルで創られる時にエネルギーを与えました。
この近辺に横穴があり、たくさんのイシジンが創られ、その後それらが分解して、その原子から多くの子供の人間が創られたそうで、その時にたくさんの稲妻が降りていたので名づけられたそうです。

この近くに多摩川古墳群があり、稲妻が沢山下りたというので、そのエネルギーを得るためにプレの女王のイシキが降りて、リュージンとなった跡が渓谷になったようです。
多摩川古墳群には小さな古墳が沢山あり、それはミナノコのイシカミですが、それらを騙して部下にしていたようです。

2010年ここへ行く前に悪者のリュージンがいるということで、コムラガエリが起き、近づくにつれふくらはぎや足首にサインがあると複数の同行者のからも報告あり増したが、当時は何故かわかりませんでした。

2010年4月20日(火)

多摩川古墳群

オタマジャクシのようになって、イシカミの原子が近くの大山から、沼地だった多摩川近辺にやってきたが、先頭はイシカミとシリウをあらわす前方後円墳になった。
けれども固まる時に尻尾になるのが嫌で、それぞれ円墳になったそうです。

2010年4月20日(火)

木棺の中

石棺や木棺に死者が葬られたのは後年で、最初の目的はこの中で、イシカミの原子がこのようなものに変化したことをあらわし、それを人間型のイシジンや更に遅れて人間が使用したそうです。
手前の帽子はロスチャイルドの中心の、ホシノミナと宇宙の大元をあらわす模様ととてもよく似ています。
朝鮮を支配した北斗七星がそれを真似て朝鮮の人たちに被らせたようです。

2010年4月20日(火)

刀の埴輪

刀もイシカミの原子が自ら変化した一種のイシジン?ということを知らせているそうです。

2010年4月20日(火)

多摩川古墳群

多摩川古墳群のひとつ亀甲山古墳は前方後円墳。
その近くの博物館の円墳の模型で馬や珍しい刀の埴輪が乗っていました。