• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2008年7月19日(土)

動物人間(バチカン博物館)

人間に移行するまで色々な実験?が行われたが、これらは子孫を残すことが出来なかった。
エジプトのヒエログリフにはよく描かれていますが、このようなイシジンが実際いたようです。

2008年7月19日(土)

バチカン博物館

黒い石像が結構あるのは、チョイ悪のイシジン?。
女性には子供を生む穴(子宮や膣)があることを知らせています。

2008年7月19日(土)

アト君です。

バチカン博物館のエジプトコーナーにて。
手前の丸い頭の青銅?器。
エジプトのヒエログリフで、この形を女性が手に持っているのは、子供を生むための原子(卵子)を持っている事を知らせている?

丸い形はあらゆる石造建築の上に連結してあるのが、アト君(イシカミの原子)と伝えられています。

右側の船に乗っている像は、NYのメトロポリタン博物館にもありましたが、ユー族のイシジンがエジプトに行ったことをあらわしています。

2008年7月17日(木)

生きているような親子

画像が小さくてわかりにくいですが、特に目がしっかりと残っているイシジンです。

2008年7月17日(木)

バスタブと動物のモザイク

これも水の中で人間になりたい原子が集まって人間になるための、石棺の代わりのようです。
イシジンの記憶のない原子たちが集まったので、支配星の言うままの人間になったそうで、下に動物のモザイクがあるのも意味があるようです。
下半身が馬のイシジンもいたようです。