• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2007年11月18日(日)

COの岩 Rocks of "C" and "O", Australia

オーストラリアのマールロック
丸いのがO少し欠けたのがCをあらわすそうです。
人物に比べて大きさがわかるでしょう。
科学ではこれも自然に出来たと言われています。

仲良くなるとCO2とOが増え、地球が燃えていることをあらわします。

Maru Rocks, Australia.
Round rock expresses "O" (Oxgen).
And cut Rock expresses "C" (Carbon).
Compared with a man, you see how large they are.
A science theory says that these rocks were made naturally.

These rocks express as follows:
They are good friends and "Co2" and "O" are increased.
The earth is burning.

2007年11月16日(金)

(アブ)シンベル神殿のイシ(カ)とオシリ(ト) ISHI(KA) and OSHIRI(TO) at the Greater (Abu) Simbel Temple

イシジンと人間を書いていると左目から涙が出て来る。
イシ(ス)=イシカ、オシリ(ス)=オシリトと呼んでほしいと。
そして「顔のないのが私(イシカ)です」と「私たちの写真を載せてほしい」と言ってきました。
アブシンベル小神殿が子供たち。
顎にあるものは食べ物の味を見てカスをそこから出した。
エネルギー源は頭の上のお汁のツボ。

ついで右目から涙が出てきて、オベリスクとピラミッドを創る指示をしたイシジンと。

When I was writing "Story of ISHIJINS and human beings", tears came to my left eye.
ISHIKAMI said, "Please call us 'ISHIKA' and 'OSHIRITO' instead of Isi(s) and Osiri(s). I (ISHIKA) is ISHIJIN who had no face on the left."
ISHIKAMI said as follows:
ISHIJINS of the Smaller (Abu) Simbel Temple are our children.
After ISHIJINS checked a taste of food, they used things on the chins to throw remains of food.
They took nourishment(melted ISHIKAMI) from their pots on the heads.

And tears came to my right eye, ISHIJINS said that they directed other ISHIJINS to create obelisks and pyramids.

2007年11月10日(土)

カルナック神殿 Karnak temple complex, Egypt

Iさんより
オベリスクは、イシ(ス)になった手稲山のイシカミを悪者から守るために、その子供が刀となって守っている。

Photo by I-san
A child of Mt. Teine, ISHIKAMI became to an obelisk as a sword.
It is to defend his mother, Mt. Teine who became to Isi(s) from bad stars and bad men.

2007年11月10日(土)

カルナック神殿 Karnak temple complex, Egypt

Iさんより Photo by I-san

ヒエログリフはイシカミの原子が、人間のためにこのようなもの(食べ物や身体の部分)になるようにと形を知らせています。
いわばナスカの地上絵のミニ版。
波のようなのは、腸の内壁、糸巻きのようなのは神経、ウナギのようなのは精子、丸の下に3本線は食べ物です。なかなかわからなかったけど、ざくろですと。ざくろはイシカミの中から沢山の種=イシジンが生まれたことをあらわす。小鳥やフクロウが沢山あるのは、内臓の仕組みは小鳥から教えてもらったからです。

Egyptian Hieroglyphs show atoms of ISHIKAMI to become forms like these things (food and parts of body) for human beings.
They are small editons of Lines and Geoglyphs of Nasuca and Pampas de Jumana.
Hieroglyph as like a wave expresses inside the intestines. One as like a spool expresses a nerve. One as like an eel expresses a sperm.
One as like a circle with three lines expresses food.
I undersood it was a pomegranate after I tried to ask about it several times. A pomegranate expresses that a lot of seeds (ISHIJINS) were born from inside ISHIKAMI.
There are many Hieroglyphs as birds and owls because birds told the structure of the internal organs.

2007年11月10日(土)

カルナック神殿 Karnak temple complex, Egypt

Iさんより Photo by I-san

「人間はこれほど小さいのです」と足元の小さいのは人間。
イシジンは乾燥して小さくなっているが、生きている時は水分を含んでもっと大きかった。
イシキ(星からの意識=潜在意識)が主なので、現実の顔が出来上がっていません。
胸で交差しているものは、小麦の穂を叩くものと、かき寄せる物です。
人間の食べ物を創ったことと、小麦を作りなさいということを知らせている。
頭にお汁を入れるツボと、その下の広がったのは、お汁が下に下がるようにと、音を聞くためです。
後ろの柱はイシジンの一種で、手をつないで独立しているイシジンにエネルギーを送っています。

ISHIKAMI said, "Compared with ISHIJIN, a human being is very small."
A small statue by legs expresses a human being.
ISHIJIN dried out and became small. But when ISHJIN was alive and included water, his body was bigger than now.
His real face was under construction because his main consicousness was ISHIKI (consciousness from stars = sub consciousness).
Things which he crossed on the chest express tools for threshing ears of wheat and for pulling wheat.
They express to create food for human beings and to tell human beings to grow wheat.
A pot on the head was used for saving source energy (melted ISHIKAMI) and for going down it.
A thing like cloth under ears was used to hear sounds.
Pillars on the back are a kind of ISHIJINS.
They held hands and sent energy to an indiependent ISHIJIN.