• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2007年8月1日(水)

タラの丘の教会のそばその2

古びた石箱、この中で人間が創られたと。
生き物のようでもある。

2007年8月1日(水)

タラの丘の教会のそば

ケルトの丸十字架の墓石(イシジンだが)が並んでいるお墓で人々は寝たり、グループで食事をしたりしていました。

2007年8月1日(水)

タラの丘

風と共に去りぬで、ヒロインが最後に「タラに帰ろう」という有名な言葉のタラはアイルランド人の心のふるさとだそうです。

舟提墓のように凸凹している草原で、気持ちの良い風と沢山のぽこぽこしたイシカミ雲が出ていました。
中心に中くらいのスタンディングストーンが立っています。
ソラから見ると緑の雪だるまのように丸いものが並んでいます。
Tara
http://www.mythicalireland.com/ancientsites/tara/

2007年8月1日(水)

【2012年7月10日追記】ネースのスタンディングストーン

【2012年7月10日追記】
何度か左頬骨にサインあり。
「地下のイシカミでした。
地下にいるのが嫌だったのです。
それで皆で手をつないで(お百度石やスタンディングストーンになって)外に出てきました」

競馬場のそばのホップの畑の中にぽつんと立っている大きな石柱は、ヨーロッパでロクマリアケールの石柱についで大きいそうですが、見捨てられています?
(標識も何もない)

ストーンサークルを作るのに指導的な立場になりたい原子ばかりが一箇所に集まり、ひとつだけ大きな石柱になった。
その他の輪になって知らせる原子が少ししか集まらなかったので、サークルは小さな石になり、人間に他所にやられてストーンサークルをしたという証拠が残らなく見捨てられた。

競馬場を呼び寄せて競争を楽しむだけで、人間のためには余り働かなかったイシジン?

2007年8月1日(水)

クリヴィキールの分身のお城

海の方へ行ってほしいとチャネリングで知らせてきましたが、遠くて時間の関係でいけませんでした。
小さいのがお城です。

http://naokoguide.blog33.fc2.com/blog-date-200702.html
さんの③
マラグモア(Mullaghmore)半島の、「妖精の石」があるという伝説の城クラッシーバウン