• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2006年7月18日(火)

滝観洞4

【2012年6月23日追記】
地球の中は地下空洞が縦横に走ってこのような濾過されたきれいな水の川があり、湧水やカナート、ローマ時代の噴水などの水源になっています。
・・・・・・・・・・・
800mの一番奥は2段の滝になって、とても高い所(29m)から驚くほどの水量が落下しています。
(洞窟内の滝では日本一の高さだそうです)
フラッシュをたくと水滴ばかりで写らないので、フラッシュをたかないで撮った画像です。

これは脊髄液は頭蓋内で生産され、脊髄を通るために首から落ちることを知らせているそうです。

2006年7月18日(火)

滝観洞3

800m奥に水量の豊富な高い所からの滝がありますが、その水が通る川は、巨人が通路を造ったようです。
(川となっている溝は、手で掘って作ったようですが、その部分の原子が手をつないでいたのを、離したので分解して、あたかも巨人が指で川を作ったようにしたそうです)

奥に行くほど自然な川で、入り口ほど、とても深くて写らないくらい(右)で、左は奥の方になりやや浅くて太いので写りましたが、側面はとても滑らかでこのように細い水路で、自然にできたと言う方が無理なようです。

この川は奥の滝から流れてくる水で、脊髄をあらわしているそうで、U字型に曲がりくねっているのは、悪者が入り込まないためで、石狩川と同じ意味でした。

2006年7月18日(火)

滝観洞2

この地下空洞は、日本の地底のイシジンが発生した跡だそうで、カツパドキアと似ています。
ここは800mも中腰で歩かなければならないせいか、リュージン信仰者が入っていなく、オーブは写りませんでしたが、隣の鍾乳洞は、観音像などあり、この小山の外側は紫色で、リュージンで汚染されていた。

2006年7月18日(火)

岩手県の滝観洞

今回の大きな収穫は、この滝観洞もそのひとつです。
長さ800mの洞窟ですが、ほとんど石筍がなく、数箇所で水滴はこのようになっていることで、鍾乳洞は石灰が溶けてできたとは言えないことを証明しています。
イシカミが柔らかい時に水滴で穴が出来たが、大理石に変化した後は、水滴の勢いは水で分散され、大きくはなっていないようです。

2006年7月18日(火)

イシカミの神経をあらわす岩

金華山の海岸沿いの岩を見てほしいというので見に行くと、白くて太いのや細い線があらわれた岩がたくさんあるのは、イシカミにも神経があったことを知らせたそうです。