• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2006年7月18日(火)

岩手県の滝観洞

今回の大きな収穫は、この滝観洞もそのひとつです。
長さ800mの洞窟ですが、ほとんど石筍がなく、数箇所で水滴はこのようになっていることで、鍾乳洞は石灰が溶けてできたとは言えないことを証明しています。
イシカミが柔らかい時に水滴で穴が出来たが、大理石に変化した後は、水滴の勢いは水で分散され、大きくはなっていないようです。

2006年7月18日(火)

イシカミの神経をあらわす岩

金華山の海岸沿いの岩を見てほしいというので見に行くと、白くて太いのや細い線があらわれた岩がたくさんあるのは、イシカミにも神経があったことを知らせたそうです。

2006年7月18日(火)

金華山の「?の文字」の岩

金華山のイシカミたちはリュージンの祭りをすることをとても嫌がっています。
金華山の頂上や中腹に巨石があるそうですが、チャネリングでは登らなくても良いので海岸沿いを見てほしいと言うので、船着場の近くに行くと、白い線が入った岩がたくさんあり、その意味を聞きました。
なかなかわからなかったのを?の形であらわしています。
これを見て欲しかったと。

2006年7月18日(火)

続石2

続石の横向ですが、巨大すぎて画面におさまりません。
いて座が地球を支えていることをあらわしているそうです
左下は支えているようで、支えていないのは、女性のイシカミは子供を増やすのが仕事だったからだそうです。

2006年7月18日(火)

続石

小山を登った中腹に、突然現れる巨大なドルメン。
手を伸ばして手が横向の岩にようやく届くくらい高さに、長さ数mの巨石が横向になっています。
いて座が地球を支えていることをあらわす。↑
遠野にカッパ伝説など多くの伝説があるのは、この巨石などから意識をそらせるためのようです。