• ベルメゾンネット   楽天トラベル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2006年6月5日(月)

イタンキ浜NO2

くりぬいたような穴は下のが噴火湾、右上が洞爺湖、その左がクッタラ湖をあらわすそうです。
この湖の二つのリュージンのエネルギー体が、大きな青紫のぼやけた光であらわれ消滅しました。

2006年6月5日(月)

イタンキ浜

鳴り砂ということで出かけたのですが、乾いてなくて残念ながら鳴き砂はわかりませんでした。
けれどもそれ以上に岩がすばらしいものがありました。
遠くに3つに離れているのは、トッカリショ浜から見た、イシカミ、分身、巨人をあらわすという切り離した岩が見えました。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200510101921...
この砂浜の一部に、2,30cm掘ると良質の砂鉄が取れるそうです。

2006年6月5日(月)

穀物模様

明石の方のブログから。
他の模様
http://d.hatena.ne.jp/soraratokirara/20060603

地上とイシカミ(=雲)ソラのものをあらわしていて、↓の北海道の(NO403)とよく似ています。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/special/obi_crop03/index5...

以前より、地上の部分の幅が広くなったのは、地上でもイシカミに近くなった人たちもいるからだそうです。

名古屋の方からも穀物模様の報告がありました。
http://plaza.rakuten.co.jp/reitoppo/diary/200606050000/

2006年6月3日(土)

鬼の左杖

読者の方より、
「山梨県の大月にある岩殿山の麓の石動団地の近くの、鬼の左杖です」
奥くに見えるのが岩殿山です。

イシジンの指導者が、小さなイシジンに説明しているようです。
イシジンは原子(元素)の結束がゆるやかだった(隙間が大きかった)ので、もっと大きかったようです。

2006年6月3日(土)

カルナックのドルメン

小さな動物がこの中で発生したそうです。